水漏れの修理と注意点

水漏れの修理と注意点 普段の生活を振り返ってみると、水が使えないというのは今の日本では考えることができず、蛇口をひねれば水が出てくるのが当然となりました。この水が飲めるというのは、世界でも珍しいほどの安全性です。
いつでも使えて当たり前だと思っている水回りも、水漏れを起こせば正常に使うことができなくなります。使えるようにするために修理が必要となりますが、簡単にいかないこともあります。工具と知識があれば自分でできることもあります。しかしながら、水のトラブルに慣れていないとパニックになることもありますし、自分ではどうにもならないこともあります。そこで、専門業者に依頼することも考えておかなければなりません。

■基本的な知識で対応できる蛇口

水漏れが起こることを、普段は想像していません。蛇口をきちんと閉めれば水は出てこないため、ちゃんと締めたのだから水が漏れることはないと思い込んでいる方は多いです。予想していないからこそ、トラブルが起きると対処しきれない問題になってしまいます。
水漏れは水道料金にもかかわる問題ですので、できるだけ早く修理して解決しなければいけません。パッキンの交換程度であれば、自分でできる範囲です。そこまで難しい作業ではなく、順番さえ分かれば一般家庭にある工具でも対応できるからです。止水栓を閉めてから交換するといった基本的な部分を守れば問題はないでしょう。
ただし、ワンレバータイプのように構造が複雑化している場合もあります。自分では難しいと思ったときには、専門業者に依頼して確実に交換したほうが安全です。蛇口にも寿命があるため、使いはじめてから10年程度立ったら、蛇口 交換も視野に入れておくといいでしょう。

■漏電事故になるケース
水を使っていると、小さな隙間からでも水漏れを起こす可能性があります。水回りに使われている機器の構造はそこまで複雑ではありませんが、1箇所でも異常が起きればそこから水が漏れてしまいます。毎日使うからこそ、劣化して水が漏れることも想定しておかなければなりません。
水漏れが大きな問題につながるのは、水と一緒に電気を使用している場合です。例えば、台所や洗濯機、トイレの温水便座などには電気が必要です。こうした場所の水漏れは、漏電事故につながることも考えられます。
漏電を起こすと、家庭用の電源であっても、感電して大きな事故になってしまう可能性が出てきます。洗濯機のように大量の水を使っている場合は特に注意が必要ですから、こうした場所での水漏れは、漏電事故にならないように十分に考慮して修理を進める必要が出てきます。

■気が付かないうちに漏れだすことも

水漏れをすぐに発見できれば対処もできるでしょう。ところが、気が付かないうちに少しずつ漏れしてしまっているケースもあります。このようなことが高層住宅で起きると、大きな事故にもなりかねません。気づかないうちに下の階に水が浸水することで、被害が拡大してしまうからです。
最近では、こうした被害に対して防水対策がされている物件も出てきましたが、それはほんの一部の物件です。気が付かなかったでは済まないこともありますので、水回りでほんの少しでも異常を見つけた時には、素早く修理しておくようにしましょう。

■まとめ
現在の住環境では、さまざまな場所で水が使われています。給湯器のような複雑な機器もあります。こうした機器は、壊れてしまうことも想定しておくべきでしょう。いつかは耐用年数を超える時期がやってくるため、交換も考えておかなければなりません。そして、どうしても部品が手に入らないときもあることを理解し、一定の年月が経った時には修理よりも交換を検討する必要があることを覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース