給湯器の水漏れは修理だけではなく交換も

当たり前な存在として、どこでも取り付けられるようになったのが給湯器です。水道を接続して、電気やガスといったエネルギーで温めます。そのため、給湯器内で水漏れが起きると、いろいろな問題を引き起こしてしまう可能性があります。これらのエネルギーから起きる問題も考えておかなければなりません。各部品が劣化してくるといろいろな危険性も抱えるため、給湯器 交換も視野に入れながら、対処方法を検討していくべきでしょう。

■給湯器から発生する水漏れは大変危険

給湯器は、水の供給を受けて、ガスや電気の力で温めます。作り出したお湯を生活空間の各所に送り出す装置です。内部でいったん水をためてあるのが特徴で、ここから水漏れを起こすことがあります。
機器として水が漏れないように作られていますが、劣化したりすることで漏れ出すこともあり、水が漏れれば、内部装置にかかってしまう可能性が出てきます。水が漏れてもすぐには影響しないように設計されているものの、電気であれば漏電の可能性をゼロにはできません。ガスを使った部分なら、不完全燃焼を起こす可能性も出てきます。
このような点が給湯器から水漏れが確認できたとき、すぐに修理を考えなければいけない理由です。


■水漏れから交換も考える

給湯器から水漏れを起こしている状況は、電気やガスを使っている以上、とても危険です。早く修理をする必要がありますが、そのためには部品も必要になります。問題が出た場所は修理をするためにも部品を交換します。この部品が手に入れば修理できますが、いつでも手に入るとは限りません。
汎用的な部品は、常に生産されているため手に入ります。しかしメーカーは製造開始から10年程度経つと、部品の製造を取りやめてしまいます。その間もできる限り保管していますが、生産が終わった以上、なくなってしまえば修理はできません。
生産開始してすぐの製品を取りつけるわけではないと仮定すれば、新しいと思った給湯器も7年程度で部品はなくなります。屋外に設置されることが基本である点をふまえても、給湯器 交換を考えたほうがいいでしょう。


■まとめ
給湯器は機械です。ずっと使えるわけではなく、いずれ壊れます。修理できれば費用は抑えられますが、経年劣化が原因の場合、さまざまな箇所で連鎖的に問題が発生する可能性が出てきます。修理をしてもまたすぐに水漏れを起こす可能性があるので、1か所でも問題が出たら早めに交換することが、安心して使い続ける大事なポイントになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ