水漏れの修理と放置のリスク

水漏れは、水が流れているからこそ発生する問題です。生活に欠かせない水道に水漏れなどの問題が出たら、水道 修理を考えていく必要が出るでしょう。水が使えないことは、生活に大きな制限がかかることを意味します。生活に支障が出るだけではなく、下の階に流れるなど別の被害にもつながるため、早急に対策を練らなければなりません。

■圧送されていることの問題

水道が水漏れを起こしやすいのは、水道管から圧力をかけて水が送られてくるからです。蛇口は吹き出すほどの強い圧力を受け止めています。水回りの中では、複雑な構造となっており、内部のコマの動きによって水量をコントロールする仕組みです。さらに部品同士の隙間から漏れてこないように、パッキンを挟んで作られています。
使っているうちにゴムでできたパッキンは劣化して弾力を失うようになり、これが水漏れの原因の一つになります。パッキンが柔軟性を失うと、蛇口にわずかな隙間を生み出してしまいます。そこから水が漏れてくるため、定期的な交換をすることが必要です。コマも劣化や摩耗が進むと水を止められなくなるため、交換をしなければなりません。圧力が掛けられた水は、わずかな隙間でも24時間漏れ出していきます。使っていない間も水道代に影響を及ぼすでしょう。

■水漏れは下の階に影響を及ぼしたり感電したりする恐れも

水道から水漏れが起きると、圧力によってやがて大量の水が出てきます。トイレなどではわずかな量でも大問題になってしまうことがあります。水が床に流れてしまうようなことになれば、低い方へ流れる水の特性が下の階に影響することになります。下の階のさまざまなものに水がかかると大損害が発生します。こうした問題に対して損害保険をかけなければ入居できない物件も増えてきました。
また、水が吹き出すようなことにもなれば、近くにあるコンセントにかかることも予想されます。洗濯機のコンセントに水がかかることはよくあるケースですが、洗濯機は他の機器と異なり電気を使う水回りの家電です。濡れることによって漏電してしまい、触った人が感電する危険性も出てきます。焦って見逃すこともありますが、かなり危険な状況になるので、電気系統があると冷静に判断をしなければなりません。

■まとめ
水漏れは多くの問題につながります。早期に修理をするなど対処が必要ですが、自分で行うと漏電を含め危険なことも出てきます。電気は見た目で流れているかどうか判断することができません。被害の拡大を防ぐ意味でも、まずは元栓を閉めて、水の供給を絶ちましょう。そのうえで電気の対応を考え、修理についても検討します。わからないときには専門業者に連絡をし、コールセンターで対応方法を聞くことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ