水漏れの修理を考えるべき予兆は

生活をしていれば、水は毎日使います。生きていくために水は欠かすことができません。水が使えない状況に陥ってしまうと、大変な状況になります。すぐに再び使うことができるよう、異常があれば、早急に修理をすることが求められます。
水漏れなどのトラブルが起こると、使用をしていなくても水道代に影響してきます。そのままにしておいても問題は解決しません。素早く対応するためにも、実際に発生する前に、水漏れはどのようなケースで発生するのか知っておく必要があります。

■お風呂場で水が漏れてきている時の予兆はカビ

水周りのトラブルの中でも、水漏れはよく起きます。ほんのわずかな部分からでも、水はしみだしていくらからです。水道管の内部は見えづらいことから部品の劣化を見逃しやすく、予兆にも気が付きにくい仕様となっています。どうしても劣化に気が付かず、漏れてきてから気がつくことが多いでしょう。
風呂場などで水漏れの予兆としてわかりやすいケースは、カビの発生です。風呂場で水漏れが起こると常に湿度が高まるので、カビの発生を助長する原因となります。湿度が高い環境下ではカビが発生し、確かなサインとなります。湿度に注意して毎日換気をしていてもカビが目立つときには、水漏れを考えてみるべきです。

■キッチン下にもある排水管には要注意

排水管からの水漏れも想定してみる必要があります。キッチンを含めて、水を使えばどこかに流す必要があります。使った水を流すためには排水管が必要で、ここから漏れてくる状況は、水道水とは違った問題になります。
水道とは異なり、圧力がかからないのが排水管です。水は自然に落下しながら下水本管へと流れていきます。これが漏れていることに気が付きにくい原因となります。
キッチンでも排水が必要ですが、異臭がするなど何か変化があったときには、水漏れを疑ってみる必要が出てきます。そのままにしておくと、生活排水を垂れ流しにしてしまうことになるからです。周辺も腐食させてしまいますし、異臭が害虫の発生を促し、より大きな被害を出す可能性もあります。建物にも大きなダメージを与えるので、排水管の異変には十分気をつける必要があるでしょう。

■まとめ
水漏れの予兆をつかむことは難しい部分があります。しかし被害が大きくなることを考えれば、ほんの少しのヒントを見逃さないことが大切です。何かおかしいと感じたら、点検をしてみるようにしましょう。わずかな変化も大事なヒントになります。見逃したりせずに、修理につなげていくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ